アマチュア無線

 皆さんの中にはアマチュア無線という言葉を知っていう方はいるでしょうか?無線機に詳しい方には当たり前のように知っているると思いますが、おそらく殆どの方が初めて耳にする言葉だとおもいます。では、アマチュア無線とはいったいどんなモノなのでしょうか。一言で言ってしまえばアマチュア無線とは、無線局を個人で開局した場合の名称です。もう少し詳しく説明すると、アマチュア無線とは個人が無線機の技術的欲求や無線通信への興味を満たすものとして、許可されているモノです。もちろんココで言う個人での使用の許可という事ですのでから、マチュア無線で事業など営利目的の使用を行なうことは禁止されています。ですのでアマチュア無線を始める方は、あくまでも無線通信を楽しむ目的で行なってください。

では、アマチュア無線についてもう少し詳しく書いていきましょう。まず、このアマチュア無線は免許制で、下から第4級アマチュア無線から第1級アマチュア無線の4つの階級に分類されます。今から無線局を始めようと思っている方はまずは第4級アマチュア無線から始める事をお勧めします。なぜなら第3級から第1級アマチュア無線では試験内容にモールス通信が入っているからです。外国のアマチュア無線の試験では何級であろうとモールス通信の試験を行ないますが、日本のアマチュア無線は第3級から行います。このアマチュア無線は一度免許を取ってしまえば、免許の期限切れになる事は 無い永久免許制で、また、無線免許の習得の対する年齢制限も無いため文字通り老若男女問わずに楽しめる個人の趣味として無線免許は昔から広く親しまれていました。しかし、ただ無線免許を持っているだけでは無線局は開設できません。個人または企業で無線局を開設するには電波法にのっとって届出をださなければ開局できません。この電波法を破り、無断で無線を使用した場合は通信停止や罰金といった重い罰則が課せられます。

無線機は通信事業がまだ未発達であったときの頃は携帯用の連絡機器として、今後の通信機器メインとなると考えていました。そのもっともな理由が、高度経済成長時の技術の発達で無線機の通信技術に対する高い関心でした。そのためこの頃の日本にはアマチュア無線の免許を習得する人や、無線局を開設する人が多く現れ「趣味の王様」とまで呼ばれるほど爆発的に普及しました。
ちなみに、このアマチュア無線の人口が最も多いのはアメリカでしたが、上記のでも書いた通り、1980年ごろの高度経済成長時に日本はアマチュア無線の爆発的普及によってアメリカのアマチュア無線人口を超え、今では日本が世界最大のアマチュア無線国となっています。しかし、世界最大のアマチュア無線国の日本も近年ではその人数は減少傾向にあります。その理由として最も大きいのが、携帯電話の普及です。携帯電話は無線機と違い免許の習得や、必要な知識、呼び出しに使うコールサインなど、今まで無線通信に必要だった手続きや段階を踏まずに簡単に相手と通信できるため無線機を越える勢いで爆破的に普及していきました。特に最近ではアマチュア無線の利点であった他人とのコミュニケーションが、情報化の流れで普及して いったインターネットによって可能になったため、不特定多数の人との交流を求める人々が掲示板やチャット、ブログといった書き込み系のサイトを利用するようになったのも大きな原因になってると思います。そのため、近年の日本のアマチュア無線普及率は大幅に低下し、その煽りを受けた家電店や無線機専門店は次々と無線機の販売を自粛したり、販売の中止を行なう所も出てきました。当然、扱い店が減れば無線機の販売台数は落ちますし、無線機自体の販売単価も高くなります。この無線機自体の価格の上昇も初心者が無線局を開設する妨げになっているとおもいます。

  アマチュアの通信方法

 アマチュア無線で使われる通信方式は複数存在しますが、一番一般的なのは「電話通信」とう方法です。この通信方法は文字で解かるように声や音など音声を無線通信する方法で、日本でアマチュア無線を開いている殆どの方が使用している方法です。また、音声で会話が出来るため、業務用無線など他の無線通信でも幅広く使われています。

 「電信通信」
いまでは電話通信に取って代わられましたが無線通信の最も初歩の時代から行われていた通信方法です。おそらく皆さんも一度は見た事があると思いますがモールス信号がこの電信通信んいあたります。よく古い時代を題材にした映画などに出てくる、銅版どうしを接触させ、その時に発生する電気を信号にして通信するタイプが電信通信に当たります。前記でも書きましたが、この電信通信はアマチュア無線は一般的では在りません。しかし、信号の組み合わせによって簡単な通信が出来るため今でも、船舶関係や軍事関係では使われ続けています。また、アマチュア無線で通信を行なうモノの中にはこのモールス信号を使って海外のアマチュア無線家と通信している上級者も存在します。
日本のアマチュア無線で電信通信の項目を扱っているのは第3級アマチュア無線技師からになります。しかし、最近の需要傾向から第3級の習得項目からの削除や、第2級、第1級アマチュア無線でも電信通信の項目は減少してきています。

 「パケット通信」
名前からは中々想像しにくいとは思いますが、パソコンの通信回線に無線機を取り付けてデータ通信を行なう方法です。基本的には昔、ネットワーク回線として使っていた電話回線を使ったダイヤルアップ接続を思い浮かべていただければ分かると思います。パケット通信と言っても通信自体が専用では無いため、通信速度や通信の安定度はあまり良くありません。ですので、無線機を使った通信技術の理解には繋がると思いますが、常時パケット通信を行なうのはお勧めしません。

pickup

町田のデリヘルを探す
http://www.atsugi-deliveryhealth-abc.jp/

最終更新日:2014/12/4

 

Copyright (C) 2009 〜あまちゅあ無線〜 All rights reserved.